Arizona IDA Approves Large Youngtown Affordable Housing Development

アリゾナ州政府開発庁、ヤングタウンの大規模アフォーダブル住宅開発を承認

即時発表用
日付2023年7月12日

Arizona IDA Approves Large Youngtown Affordable Housing Development

アリゾナ州政府開発庁、ヤングタウンの大規模アフォーダブル住宅開発を承認。

 

 

ユリシーズ・デベロップメント社は、アリゾナ州産業開発局から、ヤングタウンに312ユニットの手頃な価格の住宅プロジェクトを建設するゴーサインを受けた。

ピオリア・アヴェニューとノフス・ドライブに位置するこの$1億1600万ドルの開発物件は、1LDKから4LDKの住戸があり、地域所得中央値の60%以下の所得者しか入居できない。アリゾナ州IDA理事会は先月、この債券のコンデュイット発行者となることを決議した。

ユリシーズはすでに路地で手頃な価格の住宅プロジェクトを開発した経験がある。アリゾナ州IDAは2022年、フェニックスにソルト・リバー・フラッツを建設するため、ユリシーズの債券パッケージを承認した。年末には192戸のうち最初の1戸がリース開始される予定だ。

「アリゾナ州政府産業開発局(Arizona IDA)のダーク・スウィフト(Dirk Swift)専務理事は、「ユリシーズ・デベロップメント社は、アリゾナ州の住宅危機を緩和するため、手頃な価格の住宅を市場に供給する能力を示した。「私たちの使命は、アリゾナに手頃な価格の住宅を増やすことであり、ユリシーズや他の企業が新しい住宅を建設するのを支援できることを嬉しく思っている。

アリゾナIDAは2016年に設立された非営利法人で、住宅取得をより手頃なものにし、プロジェクトの資金調達コストを下げるために導管収入債を発行している。昨年、アリゾナ州IDAは1,800戸以上の融資を承認した。アリゾナ州住宅開発公社(Arizona IDA)が承認した開発案件の中には、アリゾナ州住宅局の新しい低所得者向け住宅税額控除(State Low Income Housing Tax Credit)を利用したものもあり、これには368戸からなる2つのプロジェクトが含まれる。アリゾナ州では、4% LIHTCプログラムへの参加が増加している。アリゾナIDAは、アリゾナの4% LIHTCプログラムを活用し、最大限に活用するために不可欠な存在である。アリゾナ州住宅局の暦年では、1,800戸以上の4% LIHTCが承認された。LIHTCは、低・中所得者が購入可能な住宅を開発・保全するための主要な、そして多くの場合唯一の資金メカニズムである。アリゾナ州住宅開発公社(Arizona IDA)は公的資金を受けていないが、その余剰収入はアリゾナ州住宅信託基金(Arizona Housing Trust Fund)と経済機会局(Office of Economic Opportunity)に分配される。設立以来、アリゾナ州IDAは約$7,000万ドルを州に提供している。

###.

jaJA